採用情報 お問い合わせ

上部障害クリア工法(クリアパイラー®)

小澤土木TOP>工法紹介>上部障害クリア工法(クリアパイラー®)

橋梁や高圧電線の下などのように空頭制限を受ける場合や、完成している建築物の更にその下を開発する必要性のある現場での作業など、厳しい制約条件下で活躍するのがこのシステムです。例えば老朽化した鉄道橋や道路橋などの補強や改修工事にあたり、既存の交通に全く支障をきたすことなく、新設、伻生、補強を実現することができます。今までのように古い橋を壊して新設することは、現在の都市機能においては交通や防災の問題、また経済波及効果などから見てまず不可能です。鋼矢板計画法線の上部障害をクリアするために機械寸法を徹底的に圧縮し、関連機械と共にシステム化を図った工法であり、その目的に対する効果は計り知れません。

適応機 Adaptive machine

  • クリアパイラー CL70 (U形鋼矢板400mm)

  • クリアパイラー CL70B

※杭材長は単杭施工時の値とする。

工法カタログダウンロード Download

各種カタログをダウンロードできます。

工法カタログ

上部障害クリア工法

PDFをダウンロード

クリアパイラー機械カタログ

クリアパイラー
CL70A

PDFをダウンロード

クリアパイラー
CL70B

PDFをダウンロード

その他の工法 Others