小澤土木 ホーム > 施工実績 > (国)152号道路改良工事に伴う遠州鉄道高架工事(その3)

硬質地盤クリア工法

zenkei

工事名 (国)152号道路改良工事に伴う遠州鉄道高架工事(その3)
工事目的 鉄道高架工事
施工場所 静岡県 浜松市 浜北区 新原 地内
発注者 浜松市役所 浜北土木整備事務所
施工期間 H22.4月 ~ H22.6月
施工機械 スーパークラッシュ SCU-ECO400S × 2台
型式・寸法 Ⅲ型・Ⅳ型 L=4.0~7.0m 計723枚
工事概要  国道152号線が遠州鉄道をアンダーパスするための鉄道高架工事において、線路と道路に挟まれた区間の土留め工法について、発注者である浜松市役所 浜北木整備事務所よりご相談をいただき、硬質地盤クリア工法をご提案させていただきました。 土質柱状図による土質が、砂礫土(最大礫径φ300~400㎜)で最大N値は1500(換算N値)と硬質でありましたが、問題なく施工を終えることができました。 施工数量が720枚程度(杭長L=4.0m~7.0m)あり、工期を短縮するためにクラッシュパイラー2台を投入して圧入施工を実施しました。

この施工実績のPDF版を見る

ページの先頭へ

工法一覧

Contact

土質・施工条件などを踏まえ、最適な工法をご提案。

  • お気軽にご相談下さい。
  • 当社の保有機械
  • 当社の施工実績