小澤土木 ホーム > 施工実績 > 寺脇31号排水路 河川災害復旧工事

鋼矢板圧入工法

南から

工事名 寺脇31号排水路 河川災害復旧工事
工事目的 護岸災害復旧工事
施工場所 静岡県 浜松市 南区 寺脇町
発注者 浜松市役所 南土木整備事務所
施工期間 H20.2月~H20.4月
施工機械 サイレントパイラーSA100,SA150
型式・寸法 Ⅱ型・Ⅳ型 L=6.0m~10.0m 計1,226枚
工事概要  降雨時の増水によって河川の護岸が崩れてしまったことによる災害復旧工事であり、鋼矢板による土留め工ができないことには、護岸の復旧作業に着手できないことから、急速性が求められ、サイレントパイラーを2台投入し、施工しました。 河川内に鋼矢板を圧入する際には、水上施工となるため、パイラー専用ステージを装着して作業足場を確保しながら、短工期で安全な施工を終えることができました。

北から

ページの先頭へ

工法一覧

Contact

土質・施工条件などを踏まえ、最適な工法をご提案。

  • お気軽にご相談下さい。
  • 当社の保有機械
  • 当社の施工実績