小澤土木 ホーム > 上部障害クリア工法(クリアパイラー)

上部障害クリア工法(クリアパイラー)

新技術情報提供システム NETIS登録番号 CB-060016-V

工法概要

橋梁や高圧電線の下など上部に障害のある現場、あるいは完成している建築物の更にその下を開発する必要性のある現場など、厳しい制約条件下で活躍するのがこのシステムです。例えば老朽化した鉄道橋や道路橋などの改築にあたって、既存の交通に全く支障を来さず、日常生活を続けながら新設、甦生、補強することができます。

今までのように古い橋を壊して新設することは、現在の都市機能においては交通や防災の問題、また経済波及効果などから見てまず不可能です。鋼矢板法線の上部障害をクリアするために機械寸法を徹底的に圧縮し、関連機械と共にシステム化を図った工法であり、その目的に対する効果は計り知れません。

クリアパイラーによる圧入図

圧入手順

適用矢板

適用矢板 U形鋼矢板
サイズ 400mm

適応機(圧入機クリアパイラー)

  • クリアパイラー CL70(U形鋼矢板400mm)

ページの先頭へ

工法一覧

Contact

土質・施工条件などを踏まえ、最適な工法をご提案。

  • お気軽にご相談下さい。
  • 当社の保有機械
  • 当社の施工実績